大阪高等学校 学校法人 大阪学園

menu

学校生活

CLUB
クラブ活動

【ソフトテニス部】福家・片田ペア近畿大会で大健闘!

福家・片田ペア近畿大会で大健闘!

日程:1月9日(日)晴れ

場所:滋賀県(長浜ドーム)

1回戦:福家・片田④-0比叡山

2回戦:福家・片田0-④高田商業(近畿2位)

 

秋の大会では、奇跡的に近畿大会という夢の切符を手に入れ、いよいよその時がきました。

会場に到着すると、近畿から集まった猛者たちが受付をしており、これから始まる熱戦の前の静けさのようなものを感じました。そしていざドームの中へ入ってみると、その広さと照明の明るさに驚きました。何とドームの中はテニスコートが12面もあり、照明は屋内とは思えない明るさであり、キラキラ輝いていました。大阪高校が運動会を行うラクダムドームの比ではありません。高校生的に言えば「ヤバイ」のひとことです。開会式の前に練習時間が10分間与えられていてラリーを見ましたが、今まで見たことのない球の速さ・重さ・正確さでした。これもやはり、ヤバイでした。こんな相手に勝てるわけがない、というのが正直な気持ちでした。そしていよいよ1回戦が始まりました。相手は滋賀県代表の比叡山高校でした。1分間のラリーがあり、私の目から見て力は五分五分くらいかなと思い、勝つチャンスはあると思いました。そしてまず1ゲーム目を何とか取りました。これはかなり大きいのです。ソフトテニスというのは先手必勝ではないですが、先に1ゲーム取れば気持ちに余裕ができ、とくに大きい試合になればなるほど優位になるのです。そして2ゲーム目、3ゲーム目も福家君のシュートボールや片田君のブロックがことごとく決まり、ゲーム内容も完璧でした。向こうはかなり焦っているのが見ていてよくわかりました。ゲームカウント3-0です。ここから絶対反撃にくるはずです、何といっても近畿代表ですから。しかしゲームの流れは完全に大阪高校の勢いが勝っており、それを止めることはできず、何とゲームカウント4-0という完勝という結果になりました。野球で言えば完封勝利ということです、出来過ぎです。そして2回戦は高田商業高校という第2シードとの対戦ということになりました。つまり近畿で2番目に強い選手ということです。ちなみに同校は前日団体戦で優勝しており、近畿NO1の高校です。しかし2人とも背丈が小さかったので、ひょっとしたら勝てるかもと思ったのも束の間、1分間のラリーを見て驚きました。今まで対戦してきた相手と全くレベルが違いました。玉の速さ・重さ・技術、どれをとってもすごかったのです。結局ゲームカウント0-4で負けましたが、いい経験をさせていただきました。今大会を目標に冬休みも猛練習に励んできましたので、後悔はありません。夢の舞台は本日終了となりましたが、この貴重な経験を味わえたことは人生での貴重な財産となることでしょう。私もいい経験をさせていただき、ありがとうございました。

見市メモより

 

相川駅から徒歩1分!
[JRおおさか東線 開通]
東大阪からの通学が便利に!

資料請求はこちらから

オープンスクール
お申し込みは
コチラから
TOP