私学大会1回戦 対 大阪商業大学高校

5月31日 本校第三グラウンドにて私学大会の1回戦を戦いました。
結果は以下のとおり。

大阪  000 000 001 1 = 2 【竜田・山本(涼)-鹿児島】
大商大 000 000 010 0 = 1

2回戦、天王寺学館高校が出場辞退となり、
6月25日(日)に準決勝で阪南大学高校と対戦します。

★★★今後の予定★★★

6月11日(日) オープン戦 神戸村野工業 (於 村野工業グラウンド 9:00開始)
6月18日(日) オープン戦 長尾     (於 長尾高校グラウンド)
6月25日(日) 私学大会準決勝 阪南大学 (於 枚岡楠風グラウンド 11:30開始)
             決 勝      (  同  上   14:00開始予定)

ご声援よろしくお願いいたします。

春季大会結果

春季大会準決勝 PL学園(5月8日  於 寝屋川公園野球場)

大阪 000 000 000 000 0 = 0 【竜田-鹿児島】
PL 000 000 000 000 1× = 1

延長13回タイブレークの末惜敗。残念ながら、春季近畿大会の出場権を逃しました。

春季大会三位決定戦 八尾高校(5月14日  於 二色浜公園野球場)

大阪 000 000 000 = 0  【竜田・上原-鹿児島】
八尾 301 200 00×  = 6

今季の春季大会は、大阪4位という結果になりました。
遠方より応援に足を運んでいただいた方々、
大高軟式野球部を支えていただいた方々ありがとうございました。
私学大会、そして、選手権大会へ向けて再出発を致します。

春季大会準々決勝(5月5日 対 初芝富田林高校)

5月5日。子どもの日。
祭りの神輿が地域を練り歩く中、春季大会の準々決勝が枚岡樟風高校で行われました。
相手は、昨秋の近畿大会準優勝校である、初芝富田林高校。
大高が、昨秋2回戦に敗れた相手でもありました。
生徒たちも、さまざまな想いを抱いてこの日を迎えたと思います。

試合は投手戦となりました。
4回まで両校ともに3者凡退が続きました。
相手投手の球を捉えきれず、打ち損じ。
堅い守備に阻まれ、ランナーを出すことができませんでした。

5回。膠着していた試合が動き始めました。
先攻大高は、2連続四死球で無死1・2塁のチャンス。
しかし、後続が続かず、結果は無得点。
振り返ると、このイニングで攻撃の突破口が見え始めたように思います。

そして、6回表。
1死から2番濵田が四球を選び、3番上原が送って2死2塁の場面で、
4番鹿児島。それまで打ちあぐねていましたが、1ボールからレフト前に運び、
2塁にいた濵田が一気に生還。さらに、ランナーを1塁に置き、5番大﨑。
カットしながら10球粘りましたが三振。
追加点は得られませんでしたが、
この1点が決勝点となりました。

大阪 000 001 000 = 1 〔竜田-鹿児島〕
初富 000 000 000 = 0

投球と野手・ベンチ、そして、スタンド、すべてが”つながった”一体感のある試合でした。
そして、投手竜田が冴えていました。
打者28人に対し、無安打、与四球3。
2塁を踏ませないノーヒットノーランピッチング。
野手の失策も0。さらには、四球で出塁したランナーは、捕手鹿児島がきっちり2塁で刺殺。
最終回以外は3者凡退で抑え込むことができました。

次は、準決勝。PL学園と、”近畿大会の出場権”をかけて戦います。
たくさんの方々の声援の中、公式戦をこうして戦えることを感謝しながら、
明後日に備えたいと思います。

★★★ 準決勝 ★★★
5月7日(日) 対 PL学園 (於 寝屋川公園野球場)10:00試合開始予定
※この試合に勝利すると、6月8日から和歌山県紀三井寺球場で行われる近畿大会への出場権が得られます。

大阪府高野連軟式部HP↓

http://nansiki.manbou-net.com/menu/index.htm

一つずつ ~春季大会2回戦(5月3日)~

「一つずつ」は、3月に選手たちがこの春季大会を迎えるにあたり、
話し合って決めた目標。「1試合1試合を大切にし、勝ち抜いていく」。
これは、昨年度のチームから引き継いできた想いでもあります。

春季大会2回戦(於 大阪狭山市立野球場)、大商学園高校に勝利しました。

大  阪 000 210 001 = 4 〔竜田-鹿児島〕 【3塁打 濵田、2塁打 大﨑・山本(悠)(2)】
大商学園 100 000 000 = 1

三者凡退に終わった初回の攻撃。その裏に、先頭打者をエラーで出塁させると、
送りバント、振り逃げを試みた打者走者を刺すための1塁送球の間に進塁され、2死3塁。
さらに、死球を与えて2死1・3塁で、5番打者にセンター前に運ばれ先制を許します。
なおも2死1・2塁でしたが、飛び出したランナーへの牽制がきまり、最小失点で抑えることができました。

その後は、竜田の安定した投球で切り抜けていきますが、
制球力が高い相手投手を前に3回まで三者凡退の繰り返し。

試合を動かせたのは4回表。打者が一巡して先頭の森内が、カットで13球を投げさせる粘りを見せます。
結果は内野フライに倒れ、続く濵田も内野ゴロで2死。ですが、ここの粘りが効いたのでしょう。
上原が四球後、2盗。さらに、鹿児島の四球を捕手がこぼしている間に3進。
2死ながら、1・3塁のチャンスで5番大﨑がレフトオーバーを放ち2得点。逆転に成功。
続く5回、先頭の悠太(山本)がセンターオーバーの2塁打で出塁。パスボール2つの間に生還し1点を追加します。

その後は、竜田の投球が冴え相手打線を抑えます。
再び試合が動いたのは8回。
おもての大高の攻撃。1死から濵田が3塁打を放つものの返すことができず3-1のまま。
うらの大商学園。エラーとパスボールで無死2塁。3番は捕手フライに打ち取るものの、
4番にレフト前へ運ばれ、1死1・3塁をつくられます。
0ボール1ストライクから3塁線への内野ゴロ。
3塁ランナーはホーム突入。
少し高く上がったバウンドでしたが、3塁手大﨑が捌いて本塁へ送球。
ストライク送球を捕手鹿児島がしっかりタッチしてアウト!

”「1プレーで試合の流れは大きく変わる!」「守備で流れをつくる」”
是澤前監督が、常に仰っていた言葉です。
チャンスを逸したあとの守備でいかに守り切るか。その大切を改めて感じた場面でした。

9回おもて。1死から大﨑が内野ゴロ。野手の送球が逸れ、さらに2進。
諦めないこと、全力疾走がいかに大切かということがあらわれたプレーでした。
続く打者は、ライトフライで2死2塁。
打席は、今日当たっている悠太。
初球を振りぬき、センターの頭を超える2塁打。
大﨑が一気に生還。
再び、2死2塁。
今度もいい当たりでしたが、サード正面のライナーで攻守交替。

9回うら、内野ゴロ、レフトフライ。最後は三振でゲームセット。
2回戦を勝ち抜くことができました。

あるチームの指導者の方が、
「”エラーを誘うようなプレー”ができるチームは強い」という言葉をおっしゃっていたことを思い出します。
大高は?
まだまだ、粗いところがたくさんあります。
ですが、面白いこと(我々顧問は、泥臭いことを一所懸命やること
いつもこんな風に表現しています)もでき始めています。
面白いことを起こすには、
チームのつながりが欠かせません。
今年は1年生が6名入部してくれています。
新チームになり、初めてスタンドからの応援の声が響いていました。
本当にありがたく思います。
スタンドとグラウンドがつながることは、強いチームの大切な要素の一つです。

以前にもこのブログで書きましたが、
面白いことを積み重ねていくチームを目指していきたいと考えています。

5月5日(金)、ベスト4をかけて初芝富田林高校と戦います。
昨秋、大高が敗れた相手であり、近畿大会の準優勝校でもあります。
面白いことをつくっていく、積み重ねていく。
そんな試合ができればと考えています。

最後に、遠方まで足を運んでくださった保護者のみなさま、OBのみなさん。
学校関係者の方々、ご声援ありがとうございました。

★★★春季大会準々決勝★★★
5月5日(金) 対 初芝富田林高校  9:00開始 (於 枚岡樟風高校グラウンド)

大阪府高野連軟式部HP

http://nansiki.manbou-net.com/menu/index.htm

原点なのかな

ちまたでは明日から大型連休ですね。今年の休日はなかなか個性が強いので連休という感じはしませんが・・・。

さて、一昨日は雨で、昨日は生徒健康診断のため練習はオフでした。それこそ連休明けの練習になったのですが、私(池ノ内)は生徒会の幹部たちと3時間にのぼる会議をしてきました。今年は文化祭が1学期にきたため、球技大会と並行して動くので負担も大変。その中で執行部は頑張ってくれています。

「会議つかれたーっ」と職員室に戻るとグラウンドで1年生が自手練をしています。おっと思って見ているとその横では3年生の濱田・松尾・辻が黙々とグラウンド整備をしています。
1年生を呼んで話をきくと「練習の前のグラウンドの状態がひどくて大変だった。3年生が自主的に丁寧にかけてくれてるんです。」とのこと。その後も1年生の津田なども手伝い、整備をしていました。
かつては、よく見かけた光景なんですけど、ここ最近では久しぶり。野球をする上で大切にしたいことですし、道具と同じようにグラウンドを丁寧に扱うことは野球人としての原点だと思います。

必要だと思ったこと、感じたことを素直に行動する。

そこに学年は関係ありません。
例えば今回整備していた3年生が1年生にやらせていたら、きっとそのチームは弱い。

今日のちょっとした光景でしたけれど、皆さんに紹介したいなと思い、ご紹介しました。

これからも応援よろしくお願い致します!

新風が・・・

こんにちは。桜の花も散り、葉桜が元気を町に与えてくれている今日この頃、皆様体調などは崩されていませんか?

改めてご連絡させていただきますが、4月16日に春季大会1回戦がありました。まぁ色んなことが起った試合でしたが何とか勝利。次回は5月3日狭山で2回戦を行います。公式戦でしか味わえないことがありますので、1つずつ勝利を重ねて経験を積んでいきたいと思います。

さて、今週は新入生歓迎会で各クラブの紹介がありました。軟式野球部からは幹部3人が参加し、メッセージを伝えてくれました。まぁ軟式野球部らしいフォワッとしたいい感じのスピーチでした。はまちゃん、よく頑張りました!

その効果もあってか、今週は何人かの1年生が練習に参加してくれています。現在の2年生は5人しかいませんので次のチームが心配だったのですが、今の時点で入部を決意してくれているのが5人ですので何とかなりそうです。出来れば10人ほどは来て欲しいのですが・・・。
昨日もミーティングの後で3年生や2年生とともに1年生が自主練をしていました。
今年の勧誘ポスターのスローガンは「野球がしたい」です。純粋に野球がしたい子たちの集団でありたいと思います。野球に一生懸命、野球を通して成長する。新しい風が吹くなかでも、これらを大切にするクラブとして1歩ずつ歩んでいきます!

怒涛の・・・

新学期がとうとう始まりました!みなさま新年度いかがお過ごしでしょうか。

さて、ブログをなかなか更新できなかったのは私(池ノ内)と中西先生が新入生のオリエンテーション学習合宿に行っていたからです。

本校の新入生合宿は、仲良くなるのが目的ではありません。高校生活を始めるにあたって、中学校の復習や高校での“学び”を体験するなかで、いいスタートを切ってもらおうとするものです。中西先生は1年生の担任として、私は2年生所属なのですが担任では無いので補助として手伝わせていただきました。

私が補助をさせていただいたクラスは新任の先生が初担任だったのですが、本当に一生懸命で、流れもわらかない中でも、生徒に対して誠実に向き合って奮闘していました。そしてやっぱりその誠実さは生徒にも伝わるんですね、初日はカチコチだった生徒も、提出物がある時は、「お願いします。」「ありがとうございました。」という一言が自然と出るんです。担任の先生が失敗した(と自分自身で反省している)時にクラスに対して「ごめん!」って頭を下げ、最後のホームルームで「合宿は皆に支えられた、ありがとうございました!」と頭を下げたときに自然と温かい拍手がおこる。そんな優しさにあふれたクラスでした。私は他学年ですし授業も担当しないので彼らとは基本的には接点がなくなるのですが、最後にバスを降りる際に、クラスの子達が「ありがとうございました。」と頭を下げる姿に、疲れがパァーッと飛んで、胸が熱くなりました。
合宿中、悪戦苦闘しながら頑張ったことで少し成長した彼らの今後が楽しみです。
生徒とともに教師も成長する。これがこの仕事の醍醐味です!

さて、明日は創立記念日でお休みですが、近くの市営グラウンドでみっちり練習をします。
久しぶりに会う彼らの姿を楽しみです!

原点回帰

おはようございます。昨夜から続く雨・・・本日の練習はオフとしました。元々、始業式前のどこかで取りたかったので良いタイミングだと前向きに捉えていきます。ひのき科の花粉症である私(池ノ内)にとって雨は救いなのですが・・・晴れた日がこわいです(苦笑)。

さて、昨日は年度初めでドタバタしている中、校内グラウンドの半面を使用し、バントの確認などを行いました。まだ紹介出来ていないのですが、一昨日にいつもとは違うミーティングを行ったことも影響しているのかここ数日、ノックの雰囲気がなかなか明るくていい感じです。やっぱり野球をするならこうでなくっちゃ!

実は昨日の練習前に硬式野球部の新入生の練習を見学させていただきました。たまーに全体練を見学させてもらうことはあるのですが、新入生限定というのは初めてです。新入生が30人弱くらい既に来ていたのですが、面白かった!

“野球が好き”これなんですよね。きっと硬式に行こうか、軟式にしようかと迷っている子もいると思うのですが、野球のユニフォームに袖を通し緊張しながら練習をしているその魂の部分はこれ。今回の題名はここから名付けました。なので、しっかりと悩んでくれたらとも思います。現在、軟式野球の部員は14名。そのうち2年生は5人です。正直、技術はありませんが、この1年間で本当に上手くなったと思うし、人として成長も少しはしてくれたかなと思っています。1年生で野球がしたいと思ってくれる子が少しでも選んで欲しいなぁと願っています。

春季大会抽選会(4月2日)

枚岡樟風高校にて、平成29年度春季近畿地区高校軟式大会大阪大会の抽選会が行われました。

大阪高校軟式野球部は、
4月16日(日)12:30~ 東百舌鳥高校(於 大泉緑地公園野球場)
ときまりました。

ご声援、よろしくお願い致します。

組み合わせ・会場等については、
大阪府高等学校野球連盟 軟式部HP↓
http://nansiki.manbou-net.com/menu/

オープン戦(10) 対 桃山学院(3月31日)

午後から雨の予報。
前日の暖かさと打って変わり、寒空の中での試合となりました。

第1試合
大阪 000 100 000 = 1  【竜田・上原-鹿児島】  〔二塁打 森内〕
桃山 003 200 00×  = 5  

第2試合  〔天候悪化のため4回まで〕
桃山 000 0 = 0
大阪 000 1× = 1 【森内-鹿児島】

残念ながら、前日からの雨の影響で、
4月1日のオープン戦(11)立命館高校戦は中止となってしまいましたが、
この春は、有り難いことに8府県にまたがってたくさんのチームを試合をさせていただきました。
3連戦が続き、14名の選手で試合に臨むのは大変でしたが、
各々が場数を踏むことができたと思います。

好走塁と暴走。
攻める守備と安全策。
流れの中で何を選択するか。
野球の面白さだと思います。
たくさん経験を積む機会をいただいたことで、
選手もその感覚を磨くことができたのではないかと考えています。